80年代、懐かしのTVロボットアニメが蘇る!

百獣王ゴライオンが海外でも根強い人気!

g01

『百獣王ゴライオン』あらすじ

西暦1999年、長きにわたる冷戦に端を発した第三次世界大戦によって人類が滅亡した地球に戻って来た、黄金旭達5人の少年。彼らは無残に変わり果てた故郷の姿に絶望する間もなく、突如飛来したガルラ大帝国の宇宙船に拉致されてしまった。第三次世界大戦が起きている間、全宇宙はガルラ大帝国の半獣人が支配していたのである。やがて黄金達は自由を求めて彼らの宇宙船を強奪し、ガルラ星から脱出を試みるが追っ手の追撃を受ける。だが、謎の光に導かれてアルテア王国に不時着し、そこで5人はファーラ姫と5体のライオン型メカに出会う。ファーラ姫はガルラ大帝国の暴虐を阻止するため、5体のメカを5人に託し、伝説の守護神・ゴライオンを復活させる。こうしてガルラ大帝国への反撃が始まった。

chogokin_golion112

超合金も当時大人気に!

黒獅子、赤獅子、緑獅子、青獅子、黄獅子の5体の宇宙ライオン型メカが搭乗する5人の「レッツ・ゴーライオン!」の掛け声で合体して生まれる巨大ロボット。劇中では分離したメカライオンは主にそれぞれ、ブラックライオン、レッドライオン、グリーンライオン、ブルーライオン、イエローライオンと呼称されていた。遥か昔に宇宙中を暴れ回ったという伝説のロボット。

 

海外でも大人気!

アメリカでは1980年代に『ゴライオン』を中心に『機甲艦隊ダイラガーXV』の映像を混ぜて『ボルトロン』(Voltron)として放送され、玩具も販売された。

よくある海外の寄せ集めアニメ!

超時空要塞マクロスも海外では『ロボテック』として人気に!超時空要塞マクロス/超時空騎団サザンクロス/機甲創世記モスピーダが1つになったSF大河アニメが実写ハリウッド映画として企画進行中ですが、実現は厳しそう。

v07

アメリカ版:ゴライオン『ボルトロン:ディフェンダー・オブ・ユニバース』

 

今回レゴIDEAS(アイデア)でボルトロンプロジェクトが進行中!

『LEGO IDEAS』
自分の商品化してもらいたいレゴブロックの企画をたてて、10,000サポーター集めるとレゴ社が商品化を検討してくれて、当選すれば商品として売り出してくれるという夢のプロジェクト

v05

 

10,000サポーター集めて審議中のボルトロンレゴ商品化プロジェクト

v01

v02

v03

座ったライオンたちかわいいですね。

v04

CGモデリングだけではなく、実際の組み立てた姿も!

v06

 

合体させると16インチ(約40センチ)の巨大ロボット、ボルトロンが組みあがります!

 

新アメリカ版アニメ『ボルトロン』が予告解禁!

動画配信大手、ネットフリックスで、ドリームワークスが仕掛けるアニメが6月10日より、リブート版アニメ『ボルトロン/レジェンダリー・ディフェンダー』が配信予定!

予告編も解禁!

 

アニメもレゴも楽しみな『百獣王ゴライオン』いや、ボルトロン!

実写映画化の話も数年前から出ているので、今後目が離せませんね♪

 

 

世界からレゴ最新情報をお届けしておりますので、是非!リンクよりメルマガ登録お願いいたします。

ではまた、コズミックトイボックス:ヤハタがお伝えしました。

May The Force Be With You!

Twitterで国内外のポップカルチャー情報をつぶやいていますので、是非Twitterもフォローお願いします( ´ ▽ ` )ノ

Twitter

↓ポチッとお願いします。↓


レゴ(LEGO) ブログランキングへ

フェイスブック、ツイッターなどソーシャルメディアで共有お願いします!

レゴブロック通販専門ショップはコチラから