レゴで世界の有名な建築物を組み立てることができる、人気のアーキテクチャーシリーズ。

日本のレゴ製品カタログには何故か未掲載のアーキテクチャーシリーズは、日本では入手が困難ですよね。

レゴ アーキテクチャーとは?アーキテクチャーの歴史

レゴ®ブロックと建築の世界には自然な結びつきがあります。レゴ®の組み立てを楽しむファンは、無意識のうちに、みずからつくり出す構造物の形や機能への関心を深めています。同時に、多くの建築家がレゴ®ブロックはみずからの創造的なアイディアを物理的に表現するのに最適だと考えています。

1960年代初期に発表された「スケールモデル」シリーズは、まさに時代が求めたものでした。現代の人々は自分たちの家の設計に積極的な関心があり、その時代の精神とマッチしたのです。これらのシリーズは、鮮やかなボックスに入っている通常の商品とは区別され、建築に関するブックレットを付属してユーザーの創作意欲をかき立てました。

history3

数十年後、建築家でレゴ®のファンでもあるアダム・リード・タッカーはレゴ®ブロックで建築物を再現するというアイディアをよみがえらせました。そしてレゴグループと協力し、今日のレゴ®アーキテクチャー シリーズが誕生したのです。最初のモデルとしてシリーズに採用したのは、彼の故郷であるシカゴの有名な超高層ビルをモチーフにしたものでした。その後、レゴ®アーキテクチャーはさらなる進化を遂げました。その対象はアメリカを代表する建築物にとどまらず、現在はヨーロッパ、中東、アジアの象徴的な建築物にまで広がっています。

引用:lego.com

 

 

来年2017年発売新製品のレゴアーキテクチャーは世界の都市シリーズ3セットが登場!

Sydney (21032) シドニー

シドニーはオーストラリア南東部、タスマン海に面するニューサウスウェールズ州の州都。

代表的な観光スポット、世界文化遺産オペラハウス、ハーバーブリッジ、シドニータワーなど近代建築がつまったセットですね。

21302-1

対象年齢12歳以上 <総ピース数> 361ピース

 

21302-2

 

 

 

Chicago (21033) シカゴ

シカゴは、アメリカ合衆国イリノイ州にある都市。同州最大の都市であり、国内では、ニューヨーク、ロサンゼルスに次ぐ人口を持つ。

シカゴの代表的な超高層ビル、ジョン・ハンコック・センター、ウィリス・タワーなど、マイクロスケールの可動橋も再現する細かさ。

21033-1

 

対象年齢12歳以上 <総ピース数> 444ピース

21033-2

 

 

 

 

London (21034) ロンドン

ロンドンを代表する建築物のセットで、ビッグ・ベン、タワーブリッジ、ロンドン・アイ(大観覧車)、バッキンガム宮殿。

21034-1

 

対象年齢12歳以上 <総ピース数> 468ピース

 

21034-2

 

レゴアーキテクチャー2017年新商品は1月海外発売予定です。

販売価格等詳細が分かり次第またお知らせします。

以上、『レゴアーキテクチャー2017 ウインターセット 世界の都市 公式イメージ公開!』でした!

 

 

世界からレゴ最新情報をお届けしておりますので、是非!リンクよりメルマガ登録お願いいたします。

ではまた、コズミックトイボックス:ヤハタがお伝えしました。

May The Force Be With You!

Twitterで国内外のポップカルチャー情報をつぶやいていますので、是非Twitterもフォローお願いします( ´ ▽ ` )ノ

Twitter

↓ポチッとお願いします。↓


レゴ(LEGO) ブログランキングへ

フェイスブック、ツイッターなどソーシャルメディアで共有お願いします!

レゴブロック通販専門ショップはコチラから